店長日記

天然生活9月号!  2014/07/23

 

天然生活「こども器」 (1).JPG

 

本日よりスタートしました「子どもの器とカトラリー展」。

私の愛読雑誌「天然生活」に掲載して頂きました。

感謝!感謝です。

子どもの器とカトラリー展は8/3(日)まで。

ついに梅雨明けしましたね。

暑いけれど身体を冷やさないよう気をつけています。

なので朝の珈琲もホット。

ちなみにお蕎麦も温かいもの。

こちらは毎朝愛用しているマグカップ。

牛に目がない私。牛さんクッキーとともに。

 

天然生活「こども器」 (2).JPG

皆様も夏バテにはご注意くださいね。

 


ヒカリに舞う~Tomoko Nawa~ 2014/07/21

 

TomokoNawaWeb.jpg

 

 

沖縄の光を布に染め込んで・・・ 縄トモコ

 

ヒカリに舞う

縄トモコ

2014年7月12日(水)~7月21日(祝)最終日17時まで

作家在廊日 会期中のほぼ毎日


屋久島最終日 2014/07/12

あっと言う間に最終日。

やり残したことと言えばお土産に私の大好きなパッションフルーツを買うこと、あとは三日目に周りきれなかったスポットを巡ること。

前日の夕食が結局ワインとおつまみだけだったので朝から腹ペコ。

途中に「MARUYA Cafe」さんという可愛らしいカフェを見つけました。

屋久島に魅せられて移住されたお兄さんと話が弾み、ガイドブックに載っていないオススメスポットを教えて頂きました。

その一つ、「クリスタル岬」。

車を途中に置いて草むらをかき分け進んで行くといきなり道が開け、断崖絶壁の風景と海が目の前に広がり「わ~!!」って叫びたくなるような風景。

その感動的な景色がこちら。

 

ダイヤモンド岬2014.1.JPG

この日もお天気は雨だったのですが、私達がクリスタル岬を目指す間だけ雨がやんでくれました。

こんな素敵な写真も~!

 

 

ダイヤモンド岬2014.2.JPG

 

開放的で気持ちがいい!

日本にはまだまだ素敵なところがたくさんあるな~。もちろん世界にも。

いきなり思い立って決めた旅先。

なんとなくインスピレーションを感じて。

やっぱり旅は楽しい。

こうして森の賢者を巡る旅は無事終わりました。

 

さて、45個も買ってきたパッションフルーツ。

しばらくは部屋中に南国の香りが広がっていました。

夏に南国の果実を食べるのはとても体にいいんですって!

 

屋久島土産2014.6.JPG

ドリンクはこちらも屋久島土産、ジンジャーシロップ。

炭酸水と割るとジンジャーエールにもなります。

 

屋久島ジンジャーシロップ.jpg

nomado cafeさんのHPから購入できますよ。

オススメです。 


夏のしたく展~Chappo~ 2014/07/06

 ChappoWeb.jpg

 

 

夏の日差しを遮る麦わら帽子の展示です。

今回の帽子は東京下町で生まれる手作りのもの。

ひとつひとつ丁寧な手仕事から生まれるストローハット。

全て手編みのパナマかラフィアを使用して作られているので、使い込むうちに味わいが出て

育てていく楽しみがあります。

奇をてらわず、クラシックな佇まいを残しつつもさりげないディティールにこだわった帽子は

夏の装いの心強い味方になってくれそうです。

 

夏のしたく展

Chappo

2014年6月18日(水)~7月6日(日)最終日17時まで

作家在廊日 6/18・19

 

 


屋久島三日目 2014/07/02

登山翌日の朝からひどい筋肉痛。

特にふくらはぎと太もも。

日々ランニングはしているものの、使う筋肉が違うんですね。

そして三日目、雨。

激しく降る雨を見ながら、昨日がこんな天気じゃなくて良かったと改めて感謝するばかり。

この日はレンタカーで島を一周することにしました。

世界自然遺産区域では屋久鹿と出会えました。

近くまでいっても全然逃げない。

 

屋久鹿2014.1.JPG

林道を抜け、大川の滝。

降水量が多い月なので、大迫力。

 

大川の滝2014.JPG

見たこともないような植物やお花。 

 

屋久島植物2014.2.JPG

こちらはユスラヤシ。

 

屋久島植物2014.3.JPG

そしてこちらが太古、恐竜の時代からあった植物ですって~。 

 

屋久島植物2014.5 (2).JPG

マンゴーはウルシ科って知っていましたか?

 

屋久島植物2014.6.JPG

屋久島は温泉も豊富です。

私は湯泊温泉と平内海中温泉の2箇所で入りました。

最高だったのが平内海中温泉。

 

平内海中温泉.JPG

 

海の中に湧き出る温泉で1日2回の干潮時前後2時間だけ入浴できる珍しい温泉です。

自然に出来た窪みに少し手を加えた2つの浴槽があり、男女混浴で脱衣所もなく岩陰で着替えます。

水着や下着での入浴も厳禁!(笑)

私達は干潮の終わりがけに行ったので、波がだんだん高くなってきて大迫力。

そこにスコールのような大雨が降り始め、ついに屋久島の洗礼を受けた感じ。

随分ワイルドな入浴でした。この温泉、もう一度行きたいなぁ!

夜はウミガメの産卵を見る為に永田浜へ。なかなか自分達でウミガメを見つけることは出来ないので観察会に参加したのですが、様々なレクチャーを受け待つこと1時間半。

観察会に集まった人の数、約40人程。

ようやくウミガメが浜にやってきて穴を掘り終え、産卵をはじめた頃にみんなでゾロゾロそこへ向かう。

ウミガメのお尻を懐中電灯で照らし、「卵が2個産まれるのを見たら次の方と交代してくださ~い」という係員さん。

最終的にはウミガメを全員で囲み、砂をかけるのを見守り、海へ帰るカメを見送る始末。

自分から参加しておいてなんですが、ナンセンスでした。

カメさんもあんなたくさんの人に囲まれ、さぞかし嫌だっただろうなと思うと申し訳ない気持ちになりました。

ごめんね、カメさん。

それにしても屋久島の夜は早い!

ウミガメの産卵見学をして宿に帰った22時30分には近所の居酒屋さんはどこも終了。

ラストナイトは持ってきたワインで部屋飲み。夕方食事をしておいて良かった~。

こうして楽しい屋久島旅行3日目が終わりました。

  


1