ギャラリー元浜 Gallery
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
L.FLAT HOME
ナガラタタン

キャラリー元浜

〒500-8028
岐阜市西材木町41-2
電話:058-263-1227
営業時間/10:00~19:00
定休日/火曜定休
駐車場50台
お問い合わせ:info@n-flavor.net

店長日記

お知らせ 2014/01/24

1/20発売の「天然生活」に水曜日からはじまりました「北欧の雑貨展」を掲載していただきました!

「天然生活」は私の愛読している雑誌なので、とても嬉しいです。

 

 

天然生活2014.3.JPG

 

P,110のイベント便りのページです。

 

天然生活2014.3.2.JPG

 

全国の楽しい展示会の情報が掲載されています。

是非、本屋さんに行ったら見てみてくださいね。

ギャラリー元浜の北欧の雑貨展は2/2(日)まで。

可愛い雑貨がたくさん揃っています。

 

NorthernEuropean.jpg

 


最終日! 2014/01/16

夜になっても下がらない友人の熱。

心配しましたが、翌朝目覚めるとなんと熱が下がっていました~。(パチパチパチ)

病み上がりではありますが、ホテルの朝のバイキングも一緒に行っておかゆを食べることが出来て一安心。

これで夜の飛行機も乗れそうです。

あ~、良かった♪

 

さて定番のホーチミンで食べた美味しいもの。

ベトナム料理に飽きてきた頃、素敵なフレンチカフェを見つけました。

オーナーさんがフランス人なので、きっと美味しいハズ!

店内にはあま~いCrepeの香り。オーナーさん一押しの「リンゴと塩バターキャラメルのクレープ」を頂きました。

 

ホーチミン夜2014.1 (2).JPG

こんな美味しいクレープ、生まれて初めて。

気になるメニューが他にもあったので、2回も行ってしまいました。

こちらがムール貝のクリームカリーソース。

 

ホーチミンフレンチ2014.3.JPG
 そしてオーナーさんおススメのガレット。
 

ホーチミンフレンチ2014.4.JPG

 

このお店のジェラードも美味しかったなぁ。

 

ホーチミンジェラード2014.JPG

私はお腹をこわすこともなく、とにかくよく食べました。

元旦に救急病院に駆け込んだのも、今となっては笑い話。

旅にアクシデントはつきものですね。

またひとつ、いい経験ができました。

今回は3都市を巡り、同じ国でも都市によって全然雰囲気が違うことを感じました。

もっともっといろんな国をみてみたい!そんな気持ちが強くなる今回の旅行でした。

さて、次はどこに行こうかな~と思いを馳せながら、旅行で食べ過ぎた分、帰ってきてから毎日ランニングしている私です。

 

 


ギャッべのある暮らし 2014/01/13

 Gabbeh.jpg

 

毎年ご好評いただいておりますギャッべ展を開催いたします。

過去最大のスケールの品揃えで、皆様のお越しをお待ちしております。

 

ギャッべのある暮らし

2013年12月11日(水)~2014年1月13日(祝)最終日16時まで

・12/24(火)臨時営業いたします

・年末年始のお休み 12/29(日)~1/4(金)

・年始は1/4より通常営業いたします

 

イベント 

「ギャッべを感じながらイランの文化に触れてみよう♪」

●日時 12/14(土)17時~

大きなギャッべの上でくつろぎながら、ギャッべの名物コーディネーター「ビジャンさん」からイランのお話しを聞きましょう。

「イランってどんな国?」 「ギャッべってどうやって作られるの?」

皆様の素朴な疑問にお答えします。

 

<年末までの特典>

12/11~12/24のクリスマスイブまでにギャッべを10万円以上お買上のお客様にクリスマスプレゼントとして、「ナガラタタン」の人気商品バームクーヘンをプレゼント!

<年始の特典>

1/4~1/13までの期間中にギャッべを10万円以上お買上のお客様に感謝の気持ちを込めて、「326茶房」で使えるペアドリンク券をプレゼント!

※どちらも先着20名様まで。

 


ホーチミン二日目 2014/01/11

年が明けましたが、気になる私の友人の容体はというと・・・。

なんと明け方までに10回以上の嘔吐。

何しろホーチミンの前に滞在した国がカンボジアですから、彼女も不安になってきたのでしょう。

明け方、病院に行きたいと言い出しました。

夜のうちに調べておいた救急病院の住所を持って病院まで向かいました。

彼女の様子や症状をなんとか先生に伝え、そこから血液検査、尿検査、点滴。

2時間以上はかかるということなので、一度私はホテルへ。

その後は薬が効いたのか吐き気はなくなりましたが、発熱・・・。

どうもカンボジアで食べた生春巻きの野菜、もしくはアイスコーヒーを飲んだ時の氷?

何かは分かりませんが完全な食あたりです。

本来は生野菜、氷水などには気を付けなければいけないのを私もすっかり忘れていました。

私と彼女、全く同じものを食べているんですけどね・・・。

とにかく翌日2日の深夜の飛行機に乗れるようにしないと!

 

彼女を休ませ、私は一人でホーチミン散策。

まずはドンコイ通りを歩いてみました。

 

ホーチミンドンコイ2014.JPG

こちらが聖母マリア教会。

 

ホーチミン聖マリア大聖堂2014.JPG

すぐ横には中央郵便局。

 

ホーチミン中央郵便局2014.JPG

なんだかヨーロッパの駅のよう!1886年から当時ベトナムを統治していたフランス政府によるフランスへの連絡手段として造られたものだそうです。

このホテル、いい感じ。

 

コンンチネンタルサイゴン2014.JPG

ドンコイ通りを聖母マリア教会と反対の方に歩いて行くと、サイゴン川にぶつかります。

残念ながらあまり綺麗ではありませんが、こちらがサイゴン川。

 

ホーチミンサイゴン川2014.JPG

気温は31℃。

休憩にカフェで私の大好きなwatermelonジュースを。

元旦なのにノースリーブにこのジュース。

お正月らしくないお正月だな~。

 

ウォーターメロン2014ホーチミン.JPG

友人がお腹をこわしていても、私は平気!クラッシュアイスが入ってたって気にせず飲んじゃう!笑

数時間おきに友人の様子をみるためにお部屋に帰りますが、なかなか熱は下がりません。

う~ん、こりゃ夜も一人だな・・・。

一人出張が多い私はかなり一人に慣れていますが、一応、年明け。元旦・・・。

寂しいな・・・。

ベトナムは旧正月なので日本とは違いますが、なんとなく観光客も家族連れや友人同士、恋人同士が多くて、一人でいる人ってほとんどいません。

 

さて、夜のホーチミン。

市民劇場もライトアップされ、とても綺麗。

 

ホーチミン市民劇場2014.JPG

一軒目はアイリッシュバーへ。

昼の間に一人でも入りやすそうなお店をリサーチしておいたのです。

 

ホーチミン夜2014.1 (1).JPG

飲んでいるビールはTiger Beerですが・・・。

次にカラマリをつまみにワイン。

 

ホーチミン夜2014.2.JPG

2軒のハシゴ、最後はマッサージをたっぷりとしてもらいました。

ホーチミンもバンコクと同じように街中にマッサージ屋さんがあるのです。しかも安い!

今回の旅行で何回行ったことでしょう。

さて、夜になっても友人の熱は下がりません。

翌日の飛行機に乗れるのかどうか・・・。

いよいよ最終日。次回ブログにて。

 


Happy New Year in Ho Chi Minh City ! 2014/01/09

さて旅の続きのお話しです。

カンボジアを出国、ホーチミンまでは飛行機で約1時間弱。

ホーチミンのタンソンニャット空港に着いたのは20時頃。あっという間でした。

2013年もあと数時間!

新しい年、2014年のカウントダウンをどこで迎えようか?

私達のホテルはドンコイ通りに面したシェラトンサイゴンホテルだったのですが、ドンコイ通りはとにかくすごい人・人・人。

同じようにカウントダウンを迎えようという人々が続々とバイクで集まって、道も大渋滞。

 

ホーチミン2013.12.1.JPG

結局、私達は大人っぽくゴージャスに年越ししようとホテルのスカイバーで新年を迎えることにしました。

チェックインの際、スタンディングシートのチケットを購入。

さすがホテルなので、ドレスに身を包む人ばかり。

私もドレスアップして支度をはじめると、友人が「車酔いしたかも~?」とダウン。

あれれれれ~。

少し休めば良くなることを期待して、私は一人で街を散策。

ベトナムの首都はハノイなのに、ハノイより都会的。

ちゃんと信号があって、お行儀よく皆、守ってる~。(日本では当たり前のことだけど、こんなことで感激するなんて!)

干支は世界共通?ではないですよね?ベトナムも中国からの文化が渡来しているからでしょうか?

 

ホーチミン2013.12.2.JPG

さて、ホテルに戻ってみると友人の具合が良くなるどころか更に悪化・・・。

「もうカウントダウンには行けないかも・・・」と友人。

そ・そ・そ・そんな~。

私、一人で知らない街でカウントダウン?

確かに友人の顔色はとても悪く、とても行ける雰囲気ではありません。

意を決して、私は一人でスカイバーへ。

チケットにはドリンク1杯が付いていたので、彼女のチケットも持って行き、友人が来れないこと、ドリンクを彼女の分も欲しいこと、花火の見える位置を聞いて・・・。

スカイバーは真ん中がダンスフロアになっていてクラブの様。

うるさい音と私のつたない英語でなかなか伝わらない。

 

ホーチミン2013.12.4.JPG

なんとかドリンク2杯をゲットして、折角なのでシャンパンもオーダー。

ついにカントダウンがはじまり、日本より2時間遅れで、めでたくベトナムも年があけました☆

 

ホーチミン2013.12.5.JPG

私も一人、モエで乾杯!

上から風船がたくさん落ちてきて、皆が踏む、踏む。すごい盛り上がり~♪♪♪

一口飲んでグラスをテーブルに置こうとしたその時に、後ろから人がぶつかってきて、シャンパングラスが床に落ちて割れたー。(涙)

私のモエ、まだ一口しか飲んでないのにー。漫画みたいな話。

グラスも風船と一緒に踏まれた~。

なんという年明け・・・。

ぶつかってきた人と言い合いをする気力ももうありません・・・。

 

スカイバーから見たホーチミンの街。

 

ホーチミン2013.12.6.JPG

小さく見えるのは全て人。

あー、まだホテルで良かったな。

その後、部屋に帰って休むのですが、明け方またひと騒動。

続きは次回ブログで。

 

 

 


カンボジア旅行記 2014/01/06

ハノイからカンボジアまでは飛行機で1時間40分くらい。

近いのですが、国をまたぐのでもちろん国際線です。

夕方ハノイを出たので、カンボジアのシェムリアップ空港に着いたのはもう夜。

 

カンボジア2013.1.JPG

なんだか道の駅みたいな空港でした。

ベトナムはなんとなく想像できる国ですが、カンボジアは未知なる世界。

しかも信じられないことに、カンボジアのガイドブックを私も友人も持っていなくて、カンボジア情報全くなし・・・。

通貨はリエルという通貨なのですが、ほとんどの場所でドルが使用できるということで円をドルに両替しました。

翌朝・・・、4時半起きでアンコールワットに朝日を見に行きました。

まだ薄暗く月が見えます。とても幻想的~。

 

カンボジア2013.2.JPG

早朝のせいなのか、神聖な空気が体中に伝わってきます。

たくさんの人が朝日を待ちわびています。日の出が見られるかどうかは神のみぞ知るという感じ。

 

カンボジア2013.3.JPG

なかなか朝日が出てこない。そろそろ帰ろうかと諦めかけたその時、ついに~!!!

 

カンボジア2013.4.JPG

この時期は中央祠堂からの朝日を見ることができず、向かって右側の方から朝日が昇るのですが、春分の日と秋分の日の年2回は真正面から朝日が昇るそうです。

そこまで計算されてつくられているなんて、昔の人はすごいな~。

一度ホテルに戻り、朝食。

その後は分単位のスケジュールのもと、一日歩きまわりました。

初めてのことなので、ツアーガイドさんがいてくれて本当に良かった。

日中はぐんぐん気温があがり、半袖でも汗ばむくらい。

でも一年の中で一番過ごしやすい時期らしく、カンボジアの夏は40℃を超える日もあるそうです。

 

アンコールワット2013.2 (1).JPG

ミリ単位で薄く薄く刻まれた文様が寺院の柱や壁面を覆っています。

また宗教説話を表したレリーフで飾られているところも・・・。

こちらがバイヨン。クメールの微笑み。

 

アンコールワット2013.20.JPG

感動的という一言でしか表現できません。

 

アンコールワット2013.21.JPG

さて、楽しみにしていたElephant riding!!

 

アンコールワット象2013.0.JPG

象さん、可愛かった~!!

お礼にパイナップルもあげました。

私の手にあるパイナップル、分かりますか?

 

アンコールワット象2013.1.JPG

それを象が鼻で取って、

 

アンコールワット象2013.3.JPG

口に持っていって~

 

象乗り2013.11.JPG

わ~い!食べた~!!!

 

象乗り2013.12.JPG

パイナップルをあげたのですが、皮つきのまま食べちゃうみたい。

ほんとに可愛かったな~。

連れて帰りたいくらいでした。

さてアンコールワットに話は戻り、この水面に写るアンコールワットも有名ですね~。

 

カンボジア2013.9.JPG

一日でアンコールワットを周るツアーに参加した為、かなりハードなスケジュールで主要なところはまわりましたが、今度はもっと時間をかけてゆっくり来たいな~と思います。

カンボジアラストナイトの夜はパブストリートへ。

とても盛り上がっていました。

 

カンボジア2013.7.JPG

翌日は少しノンビリと街中を散策。

 

カンボジア2013.12.1.JPG

カンボジアの町って私の好きなバリ島にも少し雰囲気が似ていました。

 

カンボジア2013.8.JPG

バイバイ、カンボジア。

また必ず来よう!今度はもっとゆっくりと~。

 

ということで、充実したカンボジア2日間が終わり、いよいよ最後の都市、ホーチミンへ。

続きは次回ブログで。 

 


明けましておめでとうございます 2014/01/04

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

皆様、良いお正月を迎えられましたか?

ギャラリー元浜は本日より2014年の営業がはじまりました。

企画室では年末から引き続き「ギャッべのある暮らし」展を13日(祝)まで開催中です。

さて、私はといいますと年末年始のお休みを利用して、ハノイ~カンボジア~ホーチミンを旅してきました。

私はアジアが大好きなのでです。

なんというかあの活気、パワフルさ、元気をもらって帰ってきました。

今回まわった3都市は初めての土地。

最初に行ったハノイはご存知の通りベトナムの首都です。

フランス領だった頃の名残がまだ残る町並み。

 

 

ハノイ2013.12.4.JPG

 

 

ハノイ2013.12.5.JPG

 

こんなアジアらしい風景も。

 

 

ハノイ2013.12.2.JPG

 

綺麗な写真ばかりですが、残念なことに街中は車とバイクの排気ガスやほこりがすごくて、歩く時はずっとマスクをしていました。

また横断歩道や信号がほとんどなくて、(あってもないようなもの)車とバイクがたくさん通る車道を歩いて渡るのが鉄則!

歩いているとよけてくれるのですが、走るとかえって危険です。(笑)

また日本では考えられないくらいクラクションが鳴りまくっています。

クラクションってこの為にあるんだ~と納得させられるほど。

ハノイで運転できたら、世界中どこでも通用できそうです。

と~っても美味しかったもの。

 

バインセオ!

 

ハノイ食事2013.1.JPG

日本でいうお好み焼きみたいなものです。

これを一口大に切って生春巻きの皮に野菜や香草と一緒に包んで食べます。

これにははまりましたね~。

今、写真を観ても食べたくなります。

 

ハノイ食事2013.2.JPG

 

ホテルは「ソフィテル レジェンド メトロポール」。

日本の帝国ホテルや富士屋ホテルのようなエレガントでレトロなホテル。

こちらの朝食もまた素晴らしかったです。

 

メトロポール2013.3.JPG

 雰囲気がとても素敵だったな~。

 

メトロポール2013.1.JPG

お品の良いフォーも!

 

メトロポール2013.2.JPG

私の元気の源!南国フルーツもたくさん。

ご機嫌なカラフルなジュースも。

 

メトロポール2013.4.JPG

ハノイの2日間が無事終了、次はカンボジアへ。

この旅の一番の目的、「アンコールワット」に。

続きは次回のブログで。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 


1